+ 刺繍の基本 +


針と糸があれば、ハンカチや家にある布にいつでも刺繍をはじめることができます。刺繍をはじめるときに覚えておきたい道具や材料など、基本を解説しています。

 
 
 
 

no1. 刺繍糸

刺繍糸.jpg
 

刺繍糸は25番と5番の糸が良く使われます。

  • 25番刺繍糸 細い6本の糸が合わせられた糸です。この細い糸を1本ずつ引き出し、「2本どり」、「3本どり」のように使用する本数を決めて使います。
     
  • 5番刺繍糸 2本の糸をより合わせたもので、25番よりも太く、より目もはっきりしておりそのまま使用します。スウェーデン刺繍、ハーダンガー刺繍などの作品に使います。
     

 

 
 
 

no2. 針& ピンクッション

針&ピンクッション.jpg
 
 

先のとがったフランス刺繍針と、先が丸いクロスステッチ針があります。

  • フランス刺繍針  絵を描くように刺繍するフリーステッチには、フランス刺繍針を使います。
     
  • クロスステッチ刺繍針  クロスステッチなどのように、布目の数を数えて刺繍するカウント刺繍には、クロスステッチ針を使います。


針を刺しておくピンクッションがあると便利です。

 
 
 
 

no3. 布

リネン.jpg
 
 

リネン(麻)やコットン(綿)の布が刺しやすく、刺繍をするのに向いています。
 

 
 
 
 

no4. 刺繍枠

刺繍枠.jpg
 

布をピンと張るための枠です。枠にはめた方が刺繍しやすくなります。直径10cm程度のものがおすすめです。

 

 

 
 
 
 

no5. 糸切りばさみ

糸切りはさみ.jpg
 

刺繍糸を切るためのはさみ。先のとがったよく切れるものを使いましょう。

 

 
 
 
 

no6. トレーサー

刺繍トレーサー.jpg
 
 

図案をなぞって布に写すときに使う道具です。書けなくなったボールペンなどでも代用できます。

 

 

 
 

 

   
+ 図案の写し方 +

 

 
図案写し方_1.jpg

1.  図案の上にトレーシングペーパーをのせて鉛筆で写します。

 
図案写し方_2.jpg

2.  布の上にチャコペーパー(チョークがついた面を下にする)をのせます。さらに、1で図案を描いたトレーシングペーパーを上にのせて、まち針でとめます。

 
 
図案写し方_3.jpg

3.  図案の上に透明のセロファンをのせ、上からトレーサーで図案の線をなぞります。セロファンを使うと、図案が破れてしまうのを防ぐことができ、図案を何回も使うことができます。

 
 
図案写し方_4.jpg

4. 図案が描けました!

 

 

<Basic Guideをみた方へおすすめ商品>