ヒンメリ.jpg
 
 

フィンランドの伝統装飾‛ヒンメリ細工’作りのワークショップをいたします。

麦わらを一本の糸で一筆書きのように並べて繋ぐ多面体のヒンメリ細工。スウェーデン語で「天」の意味を持ち、古くから自然を崇拝し、精霊信仰に基づいて生活をしていたフィンランドの人びとは、祭り事の際に装飾していました。

今ではインテリアとしても使われ、幸せを呼び込んでくれると言われています。

 

<講師>   

上原かなえ(サルビア工房)
 

<日程>


  5 月 21日(日) 

午前クラス 10時−12時

 

------------------------------------ 

午後クラス 13時−15時 

 
 
 
 
 

<内容>

ヒンメリ細工の3つのデザインの中からお好きなものを一つ選んで作っていただきます。レッスン時間内であれば追加して、2個目にチャレンジいただくことも可能です。

<持ち物>

はさみ

 
 

<料金>

3,500円 (税別) 

※材料費込み
ティータイムのお菓子付き
 

 
 
 

 
 
上原かなえ

Teacher's Profile 

 

上原かなえ

クラフト作家。「サルビア」の雑貨デザインスタッフを経て「サルビア工房」として独立。クラフト作家として、紙や布をはじめ、さまざまな素材に耳を傾けながら暮らしを彩る手作りのアイデアを提案する。2013年夏より、デンマークスカルス手芸学校留学。帰国後、北欧で出会ったペーパークラフトをまとめた『北欧のかわいい切り紙』(河出書房新書)を出版。 

手づくりのよさは、手の動きでしかだせないラフなかわいさと、偶然の楽しさ。心を込めることで生まれる力づよさ。そして、完成の充実感です。北欧に伝わる切り紙はそんな手づくりを楽しむのにぴったりな手法です。

<インタビュー記事を読む>

 
 
 
 
 
 

< 上原かなえさん/ そのほかのレッスン>

北欧ペーパークラフト for ギフト

北欧ペーパークラフト for インテリア

 

 

TOP>講座案内>フィンランドの伝統装飾ヒンメリ細工づくり